2011年05月27日

キリンカップ日本代表メンバー発表

キリンカップのメンバー発表されましたねっっ!!!



【GK】

川島

東口

西川 


【DF】

今野

栗原

伊野波

長友

槙野

安田

内田

吉田 


【MF】

遠藤

長谷部

柴崎

森脇

細貝

家長

西 


【FW】

前田



関口

岡崎

本田

興梠

宇佐美




新しいチームですねっっ!!!



【はじめてザックjapanに招集された選手】


●安田理大    1987.12.20

安田.jpg

2006〜2010 ガンバ大阪

2011〜   フィテッセ(オランダ) 


2009年にMF→DFに変更。左サイドバック。
「仕掛ける」という意識が高く、
優れた足元の技術(特にシザースフェイントが秀逸)と
スピードを生かした果敢な攻撃参加が武器。



●柴崎晃誠     1984.8.28  (初代表)

柴崎フロンターレ.jpg

2007〜2010 東京ヴェルディ

2011〜   川崎フロンターレ  


安定感のあるボランチ。
FWの経験もあるためMFでありながら攻撃力が高い。
FWへの鋭いパスに定評あり。



●西大伍     1987.8.28  (初代表)

西大伍.jpg

2006〜2009 コンサドーレ札幌

2010    アルビレックス新潟

2011    鹿島アントラーズ 


右サイドバックだが、他のポジションもこなせるユーティリティープレーヤー。
鹿島アントラーズ移籍後、MF→DFへ変更。
札幌入団当時は64sだった体重も現在は70sと発表されており、ビルドアップも進んでおり、
技術力に加えて、豊富な運動量も身についている。



●関口訓充    1985.12.26

関口.jpg

2004〜   ベガルタ仙台


MF・FW。
圧倒的なスピードと高速ドリブルで相手陣内に切れ込んでのシュートを 得意とする。
守備面でも献身的な守備で貢献し、
ボール奪取力、90分間通して全く落ちない運動量が持ち味。



●興梠慎三    1986.7.31

興梠.jpg

2005〜   鹿島アントラーズ  

FW。リーグ屈指のスピードと高い身体能力を武器とするストライカー。
相手DFの裏を取る動きは元チームメイトの柳沢敦と肩を並べると称されるほど。
またパスやボールコントロールなど足元の技術も高く、相手DFの密集地帯に切れ込んで足裏を使ってのノールックパスやゴール前での深い切り返しも持ち味。高さが無いためセカンドストライカータイプの選手と思われがちであるが、ポストプレー、ヘディングシュートも上手く、所属チームにおいて1トップを務めることもある。



●宇佐美貴史    1992.5.6  (初代表)

宇佐美2.bmp

2009〜   ガンバ大阪

ユース年代からシュート、パスといったアタッキング能力全般に定評があり、
日本の世代代表では中心選手となっていた。



スタメンは誰になるのか?

どんなゲームをしてくれるのか?

6月からのキリンカップ楽しみですね〜。








★待ち時間のない予約制の新松戸周辺の歯医者さん
URL→http://www.moriyama-do.com/


posted by みなみなみん at 17:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。